坪井利三郎商店  
 
   
屋根の専門家としてきちんとした事前調査のもと、長期的にも安心で最適な工法で設置いたします。
 
屋根施工業者として国内主要メーカー全ての豊富な施工実績からご要望に合う最適なセレクトでのご提案ができます。
 
太陽光発電
       
  太陽光発電とは  
  「自宅で電気を作ってしまう」というのが太陽光発電システムです。しかも、エネルギーは無限で無料の太陽光。屋根の上に載せた太陽電池で光を電気に変換します。もちろんCO2など出しませんから、クリーンなのも大きな特徴です。夜や雨の日といった発電できない時には不足分を電力会社から買い、電気が余る場合には電力会社に売ることができます。太陽電池はシックなカラーも用意されているので、外観のデザインを損ないません。  
 
  今、なぜ太陽光発電?  
  太陽光発電は設置する場所の制約が少ないのが特徴です。現在では腕時計から人工衛星まで様々な場所で用いられています。住宅では屋根の上にパネルを設置するのが一般的です。最近ではパネルの重量も軽くなり、壁面にでも取り付けが可能になりました。日本では余剰電力買い取り制度があり、初期投資の回収期間を20年とすると費用よりも便益が大きいとされ、十数年で元が取れるとされています。また住宅ローン枠での購入も可能です。  
     
  ワンポイントアドバイス 非常に大切な事ですからよく考えてみてください。  
     
 

皆さん、大工さん、工務店さん、ハウスメーカーさん、等に家を建てていただいたり、建売業者さんから家を購入されたりしていると思います。屋根に手を加えると、これらの業者さんの屋根に関する保障は受けられなくなります。あなたがお考えの業者さんは、今後屋根のすべてを任せられる業者さんですか?

太陽電池モジュールは架台の上に据え付けるものがほとんどです。右は架台を屋根に取り付けるための金具を施工しているところです。金具施工の際は、瓦をめくり、金具をしっかりと構造材であるタルキに固定し、必要に応じ瓦を加工しなければなりません。メーカーの施工IDだけで安心してはいけません。太陽光発電システム導入は、今後の屋根を任せることになる「新たな屋根工事業者とのお付き合いの始まり」であることをご認識ください。

イメージ  
   
   
   
   
   
   
 
  意外と多い太陽光発電トラブル  
屋根と太陽光発電設置工事の関係は大空を飛ぶジェット機とパイロットの関係と似ている
 
  太陽光発電設置工事には調査点検が必要です。屋根のプロにお任せください。  
  航空会社が世界の空を駆け巡る国際線の飛行機の操縦は、熟練したパイロットでなければ操縦をまかせれないように、高所でデリケートな屋根の工事も熟練の専門の職人である「屋根の技術者」でなければいろいろなトラブルも生じます。太陽光発電工事は屋根の上に設置する工事です。施工する際、瓦やスレートの破損が原因で雨漏り等が生じることもあり得ます。また工事の状況の確認もご自分が屋根に上がって把握することは容易ではありません。信頼できる「屋根の技術者」がいる業者選びをすることがコツです。  
 
  太陽光発電設置トラブル事例  
 
  事例その1、その2  
 
  ※屋根の工事は屋根の技術者でないとわからない箇所がたくさんあります。せっかく便利な太陽光システムを設置
しても屋根自体を破損して、追加工事として請求されたら元も子もありません。
 
 
   
 
  お問い合わせ  
 
 Copyright 2010 Tsuboi Risaburou. All rights reserved. Page Top
メールはこちらから