株式会社坪井利三郎商店
 会社沿革
瓦ひとすじ一世紀、匠の技術を今に伝える
建築の新世紀を知と技で葺きあげる坪井利三郎商店
 坪井利三郎商店は、明治35年、初代利助によって開業され、以来、多くの堂宮棟梁家、建設会社の御引立てを賜り、幾多の堂宮屋根工事に携わってきました。その技術と実績は、一般住宅や各種商業施設などの屋根工事に生かされ、各方面より高い評価をいただいております。多用化する建築様式を的確に把握し、広くニーズに対応するとともに、建築文化の一翼を担って、新たなニーズの開発にも鋭意、努力しております。  いちくらのしるし
開業から現社屋に移転した昭和59年まで使用された「肄標(いちくらのしるし)」



会社沿革
明治35年 初代 利助 開業(現名古屋パルコ東館)
昭和2年 利三郎 二代目となる
昭和21年 復興事務所建設
昭和24年 合資会社設立
昭和30年 光男 三代目となる
昭和44年 長久手倉庫設置
昭和45年 南久屋ビル株式会社設立
昭和50年 アイトー瓦工業株式会社設立
昭和57年 株式会社モランルーフ設立
昭和59年 本社屋竣工 移転
瓦ショールーム開設
昭和63年 株式会社ケンタツ設立
平成5年 株式会社に組織変更
第1回鬼かわらコンクール開催
平成6年 長久手作業所開設
平成7年 瓦のギャラリー開設
平成9年 栄作業所開設
平成12年 進悟 四代目となる
平成13年 瓦3R推進研究会発足
平成14年 100周年を迎える




会社概要 会社沿革 事業所紹介

 Copyright 2005 Tsuboi Risaburou. All rights reserved. Page Top